豊島区雑司が谷 メンズヘアサロン 理容室 美容室

  • 痒いところに手が届く、それ以上のこと。

    昼過ぎに息子が通う中学校から電話があり、
    38.8度の熱があるので早退させたいとのこと。
    「わかりました。下校させてください。
     私も出先から、出来るだけ早く帰ります。」
    と伝えると、
    「いや、迎えに来ていただきたい。」
    と、言われました。
    確かに高熱でツラいだろうが、中学になっても保護者のお迎えが
    必要なんだとは思わなかった。。
    なので迎えに行き、医者にも連れて行った。
    その調剤薬局でちょっと思うことがあったので書いてみる。。
    その薬局は、ソファが4列ほど並んでいてやや広い。
    季節柄、風邪をひいた患者さんが多いようで、みんなツラそうな顔して順番を待っている。
    ウチの息子も、その一人。。
    薬が揃うと、カウンターの向こうから
    「○○さーん、○○さんいらっしゃいますかぁ?」
    と大きな声で呼ぶ。
    最後列で私と並んで座っていた、明らかに顔色が悪くグッタリとした○○さんが重たい腰をあげて
    フラフラしながらレジカウンターへ向かう。
    それを待つ薬剤師の表情が
    「混んでるんだから、早くしろよ。」
    と言っているように感じたのは、オレだけではないはず。
    ようやくカウンターに辿りついた○○さんに薬の説明を始める薬剤師。
    虚ろな○○さんに、きっとその声は届いてない。
    それでも、薬剤師には説明義務があるんだろうから長々と説明を続ける。。。
    これって、どう考えてもおかしい。
    調剤薬局なんて、具合の悪い人が訪ねるところだよね。
    薬剤師が患者さんのもとまで近づいてきてくれれば、万事がスムーズにいくんじゃないかなぁ?
    スタッフが4~5人いる薬局でも、誰も気付かないのかな。
    お客様にとって、「当たり前」と思うことが
    お店にとっても「当たり前」であるようにWEEDでも心掛けたい。
    人気ブログランキングへ<<<クリック!
    クリックしてね!<<<ブログ村
    ブログパーツ


    Hair Salon WEED(ウィード)

    〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷1-5-2
    TEL:03-3971-9364
    営業時間:9:00~19:00
    最終受付:~19時(カット)  ~18時(カラー・パーマ)
    定休日:月曜日、第2・第3月火連休
    東京メトロ副都心線 雑司ヶ谷駅1出口徒歩5分

ARCHIVES

ページトップへ