豊島区雑司が谷 メンズヘアサロン 理容室 美容室

  • 表参道ヒルズ

    昨日の休日、娘と2人で表参道デート・・・。
    目的は、当然「表参道ヒルズ」。ミーハーな私は新スポットにスグに行きたがる。オトコのくせに。
    覚悟はしてたんだけど、すっげーヒト多かった。明治通りとの交差点あたりからスッゴイ人の波、こんな混んだ表参道ってX’masのイルミネーションやってた頃からなかったんじゃないか?って程。平日のせいか、オッちゃんやオバちゃんが多くて意外。
    ヒルズ入口ようやく入口に到着。路上に人多かった割りにエントランスはこの程度。いざ来てみると街との調和とれてるし違和感ないんだけど、かつての同潤会アパートの景観を思い返してみるとやっぱり昔の方が良かったなぁ。って懐古気質が、雑司ヶ谷で育った性(サガ)なんだろうと再認識してしまう。
    ヒルズ同潤会こんなWEBで過去の同潤会アパートや表参道を振り返るのもいい。
    でも、一部にはちゃんと同潤会の面影を残してくれている心遣いがうれしいね。今はギャラリー同潤会として、当時の記憶をテーマとした展覧会や様々な個展、イベントが行われている。
    見たかったが、娘は関心ないだろうし混んでるし断念

    中に入ると「スパイラルスロープ」と呼ぶ螺旋状の通路が面白い。階段を登らずにB3から3Fまでを歩くことができるんだよ。
    なんとこのスロープ、全長約700m。神宮前交差点から表参道交差点までの距離と同じなんだって!勾配3度のスロープは歩くのに非常に心地いい、こんなトコまで計算してるのかと思うと関心するね。
    このスロープを歩いていると、リアルに表参道をウィンドショッピングしてるのかと錯覚するかも(人がこんなにいなきゃね・・)。
    いくつか見たいお店があったんだけど、一度に欲張らず数店に絞った。
    ヒルズgentenまず・・・
    ●「dan genten」
    オリジナルの革製品のお店、メンズ中心で鞄やジャケットから財布、カードケースに至るまで幅広いアイテムが充実してる、奥には工房もあって、職人さんが製作していく一部始終を見ることができる。一時、革細工にはまりかけた私としては、ずーっと見ていたかったんだけど娘に手を引かれて仕方なく・・・。
    次来たときには、ずーっと見よう。そして気に入ったヤギ皮の鞄を買おう。

    ヒルズジェラート娘が、次は私の好きなものね。というからモチロン同意。そして・・・
    ●「GELATERIA BAR natural Beat(ジェラテリア バール ナチュラルビート)」
    名前長すぎ!!電話出るとき何て言うんだろ?今度かけてみよう。作りたてジェラートのお店。ジャラートセラーには旨そうなのがイッパイ並んでて、チョコレートのをチョイス。しかし店員さん曰く、ほとんどお酒が入ってるとのこと。仕方なくロッソロッソを。イチゴ(それも とちおとめ)をふんだんに使ったジェラートに
    イチゴが入ったメレンゲがのっかってる。なかなか手の込んだものだ・・・って感心してたら、「お会計が860円になります。」って、高っ!!スイーツ価格じゃないよね

    アイス食べて娘の機嫌が良くなったので・・・
    ●「はせがわ酒店」でちょっと呑みたい。
    コチラは江東区の日本酒の名店「長谷川酒店」がプロデュース。全国の蔵元から集めた日本酒を販売してるんだけど、BARスペースでは一部の日本酒を堪能することもできる。
    ヒルズ梅酒でも、やっぱりオープン直後・・・並んでて断念。「東一」の梅酒と紫蘇梅酒、そしてTVで話題になってた「美丈夫」の微発泡(つまりスパークリング日本酒?)を買って帰ってきた。

    せっかくだからホントは食事もヒルズでしてきたかったんだけど、どの店も30~40人待ってる。。。いくらミーハーでも、そこまで気が長い方ではないのでコレまた次の機会にしよう。護国寺のラーメン店「ちゃぶ屋」が手がけたコースで食べるラーメン店
    ●「MIST」は4000円(コース)に腰が引けるが、やっぱり気になる。次は食べてみよう。
    やっぱり覚悟してたとはいえど、あの混雑はツライ。もう少しほとぼり冷めた頃、ヒルズを堪能しに行こう。
    みんな、とりあえず一度は足運んでおけば?
    人気ブログバナー表参道ヒルズ行きたくなった?


    Hair Salon WEED(ウィード)

    〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷1-5-2
    TEL:03-3971-9364
    営業時間:9:00~19:00
    最終受付:~19時(カット)  ~18時(カラー・パーマ)
    定休日:月曜日、第2・第3月火連休
    東京メトロ副都心線 雑司ヶ谷駅1出口徒歩5分

ARCHIVES

ページトップへ