豊島区雑司が谷 メンズヘアサロン 理容室 美容室

  • Q:トコヤさんは何で月曜日が休みなの?~その2~

    さてさて途中になってしまっていたトコヤさんの月曜定休の由来の続きです。
    「その1」まだ読んでない方は>>>コチラから>>>



    結論を急ぐつもりはないんだけど、【日本語大百科事典】の「理容」から抜粋すると「理容店の休日に月曜日が多いのは、第2次世界大戦中の電休日がそのまま休日として定着し現在に至っている、という説もある。」と書かれている。
    猪苗代水力発電所電休日??
    今の世の中では考えられないが、昭和22年頃までの電力はほとんどが水力発電に頼っていたそうで、当時の新聞には「水源地に16ミリの雨が降り、それで3日分の電力が賄える模様」と、爪に火をともす電力事情が記されてる。
    そんな電力事情から昭和21年には、時間、最大電力の限度を超えて電気を使用してはならないという「電力需給調整規則」が公布された。しかし、戦後の復興に伴い電気の使用制限だけでは対応できず緊急停電が頻繁に行われていたそうだ。
    これらの理由から週1日程度、電休日が設けられるようになった。
    東京電力の資料によると、東京電力になったのは昭和26年で、その前身は東京電燈関東配電。それぞれの会社は電休日が異なり、東京・川崎は月曜休電の東京電燈。(川崎を除く)神奈川・埼玉・山梨・千葉・茨城などは火曜休電の関東配電だったらしい。
    実際、現在もその名残りからか、横浜や茨城では火曜定休の理容店が多いと聞くし、私が月曜に千葉の海に出掛けるときも殆どの理容店が営業している。
    ・・・なーるほど!
    以上のことから電休日が月曜日であったために理容店も月曜定休にせざるを得なかったようだ。
    私自身も雑学が増えてとても嬉しい気持ちになったよ。
    余談ではあるが、今でこそ無休で営業するデパートも、昭和14年に百貨店組合東京支部で月曜を定休日とすると決められてたらしい。チョット前まで、三越は月曜定休だったしね。
    人気ブログバナー 勉強になったでしょ?クリックしてね


    Hair Salon WEED(ウィード)

    〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷1-5-2
    TEL:03-3971-9364
    営業時間:9:00~19:00
    最終受付:~19時(カット)  ~18時(カラー・パーマ)
    定休日:月曜日、第2・第3月火連休
    東京メトロ副都心線 雑司ヶ谷駅1出口徒歩5分

ARCHIVES

ページトップへ