Hair Salon WEEDのお話

WEED

昭和30年代のまだ日本が貧しかった頃、豊島区雑司が谷に「ウィード理髪店」がオープンしました。その頃横文字を用いた理容店はとても珍しく、創業者小野安正氏の欧米への憧れが表れていました。
ウィード(WEED)とは「雑草」という意味を持ち、貧しい時代であったからこそ「雑草のように踏まれても、潰されても起き上がる」という思いがあったのでしょう。
平成8年に先代の父から私が店を引き継いだ時、屋号を変えようかと迷いましたが、せっかく地域の皆様に「ウィードさん」と呼ばれ親しまれていましたし、私自身も「雑草魂」のような泥臭さが嫌いではないので「ウィード理髪室」から「WEED」とアルファベット表記にしました。

以前、イギリス人のお客様から店名の由来について聞かれ上記のような説明をしたところ、イギリス英語には「雑草」という意味の言葉が無いらしく、「野草」という言葉が二つあり、一つは薬草や料理に利用される「Harb(ハーブ)」、そしてもう一つが「Weed(ウィード)」なのだそうです。こちらはハーブとは対照的に「邪魔なもの、捨てるもの」というニュアンスが強く、そのお客様はそんな言葉を店名にするのかと不思議がっていました。

そんな当店の屋号「WEED」ですが、なんと現在のアメリカ英語ではマリファナをさす言葉以外の何物でも無いそう。アメリカに住む友人が帰国した際、店名を見て驚いていました。
当店はお客様にリラックスして気持ちよくなって頂くことを第一に考えていますから、あながち間違った命名ではなかったと思っています。なんて、無理がありますか?

hair salon weedの歴史

1961年 小野安正氏経営の理容店の支店(本店:文京区大塚 オノ)として雑司が谷に開業。従業員として山口鉄彦が従事。
1969年 山口鉄彦が板橋区栄町に独立出店。
1970年 現在の雑司が谷店を小野氏より譲り受ける。
1996年11月 鉄彦逝去に伴い息子淳が後継。
2001年10月 店舗一部改装
2004年3月 WEBサイトオープン
2008年7月 店舗改装
2009年5月 WEBサイトリニューアル
2011年9月 おかげさまで、開業50周年

サロン情報

営業時間:9時~19時

受付時間
カット、トリートメント ~19時
カラー、パーマ ~18時

定休日:月曜日
  第2・第3月火連休

所在地
〒171-0032
東京都豊島区雑司が谷1-5-2

TEL:03-3971-9364

E-mail:info@weedhair.com

WEBから予約が出来ます!


WEEDでWi-Fi使えます!

WEEDでWi-Fiが使えます
PCや携帯の充電もOK

HAIR SALON WEED

Facebookページも宣伝